動的審査

動的審査では製作したマシンを実際に走行させ、4種類の審査でマシンの実性能を競います。

アクセラレーション

75mの直線コースにおいて、静止状態から加速し、タイムを計測することで、マシンの加速性能を競います。 各チーム2名のドライバーが2回ずつ走行でき、最も速いタイムが記録されます。


スキッドパッド

8の字状のコースを走行し、マシンのコーナリング性能を競います。 アクセラレーションと同様、各チーム2名のドライバーが2回ずつ走行でき、最も速いタイムが記録されます。


オートクロス

事前に提出する設計資料と実際の車両をもとに、どのような技術が使われているか、どのような工夫がなされているのか などを口頭質問を交えて評価されます。 静的審査の中では最も得点配分の大きい審査です。


エンデュランス

直線・ターン・スラローム・シケインなどによる約800mのコースを2周走行し、マシンの総合的な性能を競います。 各チーム2名のドライバーが2回ずつ走行でき、最も速いタイムが記録されます。 オートクロスのタイムにより、4日目以降に行われるエンデュランス競技の出走順が決まります。

© All rights reserved by Grandelfino.